Top > glosario > ヤラビー (yaraví)
glosario ラテン音楽用語解説

ヤラビー (yaraví)

ヤラビー (yaraví)

18世紀に成立。その後、広くアンデス地域のメスティソ層を中心に愛唱されてきた哀歌。起源はアンデス先住民音楽のハラウィと言われる。基本的にギターを伴奏とし、男声2重唱で歌われることが多い。エクアドルからアルゼンチン、チリまで広く演奏されるが、ペルーのアレキパがその中心地として有名。ヤラビーのための美しい詩が数多く作られた。20世紀半ば以降、次第に演奏される機会が減っていった。 (水口)

Tag: リズム・ジャンル

FrontPageへ

Last-modified: 2014-04-01 (火) 00:48:55 (1118d)