Top > glosario > チャカロン・イ・ラ・ヌエバ・クレマ (Chacalón y La Nueva Crema)
glosario ラテン音楽用語解説

チャカロン・イ・ラ・ヌエバ・クレマ (Chacalón y La Nueva Crema)

チャカロン・イ・ラ・ヌエバ・クレマ (Chacalón y La Nueva Crema)

チャカロン(本名ロレンソ・パラシオス・キスペ、1950-1994、ペルー、リマ生まれ)と彼が78年に結成したラ・ヌエバ・クレマは、ペルーにおいてクンビア・アンディーナ、いわゆるチチャを確立したとされる、草創期に最も影響力のあったバンドの一つ。その人気は「チャカロンが歌うと山が降りてくる」と言われるほどであった。94年に糖尿病の誤診が元で病状が悪化し急逝する。現在は息子がチャカロンJr.を名乗って活動している。 (水口)

FrontPageへ

Last-modified: 2014-03-13 (木) 12:42:15 (1372d)